このブログから旅館・ホテルのご予約をされた方が370組います♪
 ★ 下呂温泉の水明館が全国の温泉旅館の1位になりました!
   ダイヤモンド オンライン から

 ◎ 乗り換えなしで格安旅行をするなら地元のバス会社です!  
   濃飛バスのホームページ 高速バス(予約制)と路線バス
 
 ◎ 鉄道でラクして時間を短縮したい人はJRが1番です。
          JR東海(新幹線と特急)
 
 ◎ テレビで飛騨地方の観光エリアが番組に出ました。 

    テレビ朝日 奇跡の地球物語から 飛騨白川郷が特集されました
    いい旅夢気分 奥飛騨&白川郷 (冬の奥飛騨観光の参考になりますよ)
    にっぽん・いい旅 平成26年1月15日放送 (奥飛騨 雪見の秘湯めぐり)
    いい旅夢気分 上高地ー奥飛騨温泉郷 平成25年 
    出没 アド街ック天国 奥飛騨温泉郷
    いい旅夢気分 上高地ー奥飛騨温泉郷 平成24年
    出没 アド街ック天国 下呂温泉

 にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
ポチッと応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の高山祭(山王際)はあなたを江戸時代に誘います

 岐阜県高山市では毎年恒例である春の高山祭が4月14・15日
に開催されます。

地元では山王祭と言い、日枝神社の例祭として執り行われ、
氏子を含めたその周辺に住む人たちのお祭りです。

 日本三大美祭として祇園祭秩父祭そして高山祭とあり、
全国から多くの観光客が集まってきます。

 両日合わせて20万人ものお客様が訪れるお祭りなので、テレビ
や新聞でも取り上げられ、メジャーなお祭りに成長しています。

 絢爛豪華な屋台が見るものを魅了し、御旅所前でのからくり
奉納
は観衆の目を楽しませてくれます。

又、かんかこかんの闘鶏楽の行列は、地元民にとっては有難く、
観光客にとっては珍しく、素朴な飛騨の大衆を物語っています。



   300年も続く伝統行事は高山の民衆を
   心豊かにしてくれています。


 これまで多くの観光客に愛されてきた高山祭は、戦後から
しばらくの間は地元のお祭りとして続いていました。

その後、旧国鉄のキャンペーンがあり、それから大々的にPRされ
今日のお祭りへと発展していきました。

 12台の屋台は普段は屋台蔵に安置され、お目にかかれませんが、
お祭り当日には修理中以外の屋台はすべて曳き揃えられます。

 全国的にも珍しい山車型の屋台は、屋台蔵の地区に住んでいる
人たちにより2日間のみの公開になりますので大変貴重です。

 実は、2年前の3・11東北沖大地震で、春の高山祭を開催する
かどうか討議がなされましたが、高山祭を楽しみにしている
観光客と地元民の想いを考慮して開催しました。



 小京都である高山が最も高揚し、春の訪れを
 実感するのに相応しいお祭りです。


 飛騨高山は4月に入ってもあまり気温が上がらない土地で、
桜の開花も4月下旬という遅めのエリアであります。

だから、少し肌寒いですが、宮川の景観や古い町並などの建物が
より静寂に風情のある景色に観えると思います。

 この時期に屋台が曳き揃えられ、盛大にお祭りが行われる
ことは、飛騨の民衆にとって春の始まりであり、1年の始まり
でもあります。

だからこそ、地元の人間は高山祭を大事にしており、その想い
と伝統文化が全国の高山ファンから支持され愛され続けている
と思います。

 最近は、若い夫婦やカップルが増えて、インターネットでの
評判も上がり、リピートしてくれる方も増えています。



   年に1度のお祭りの目玉はからくり奉納
   だけだと思っていませんか?


 あまり知られていないのですが、山王祭では夜もお祭りがあり、
昼間とは違う光景が何とも言えない雅の夜を演出しています。

この夜祭は屋台が曳き揃えられるだけでなく、ゆっくりと曳き
廻しが行われ、提灯の灯りが絶妙に綺麗であることが特徴です。

 春の夜長に好きな人とさんまちをのんびり歩くのも違った
雰囲気を楽しめるのでお薦めですよ。

日中より気温が下がりますが、高山の宿泊先の旅館・ホテルで
温泉がある場合はのんびりと温泉に入って癒されて下さい。

 そして、屋台には木彫り職人が江戸時代に彫った見事な作品
もあるので、是非注意深く見て伝統文化の香りを感じて欲しい
です。



 ここで、少しだけ春の高山祭の動画を見てもらい雰囲気だけ
でも感じて下さい。(震災直後に開催した映像があります)

 まだ祭に来たことがない人は必見ですよ。♪

  春の高山祭 御旅所まで行く屋台

  春の高山祭 2011年 からくり奉納



   高山祭がメインだけど、せっかく来たから
  には観光も楽しみたいですよね。


 飛騨高山は60%がリピーターで40%がビギナーと言われ
ています。今これを読んでいるあなたはどちらに当てはまりま
すか?

 まだ来たことがないのであれば、この機会にお祭りとセット
で観光旅行をするのも旅の思い出になりいいですよ。

 特に神社・仏閣や旧商家の住宅などが多く、江戸から明治に
かけての文化を知ることができます。

 そして、都合よく4月13日は土曜日でお祭りの前日ということ
もあり、土日がお休みの人にとっては最高の観光スケジュール
になります。

 ですから、前日の午後に高山に来て、さんまち周辺を観光
してお土産なども購入して次の日は余裕をもってお祭りを
楽しむことができます。

 そこで、具体的な旅行計画をしているので興味のある方は
参考にしてみて下さい。

JRを利用するケースとして紹介します。
 
 13日 9:43 名古屋発
    12:13 高山着

   市街地にある飲食店で昼食。
         ↓
   桜山八幡宮や獅子会館にて見学
         ↓
   日下部民芸館、吉島家住宅を見学
         ↓
   下二之町を通り、古い町並を見学
  (カフェに入ったり土産屋さんに入る) 
         ↓
   高山陣屋にて見学。
   17時頃には終わり、その後は旅館へ
   
 14日 9:30 屋台の曳き揃え
   (神明町から上一之町)
    11:00 からくり奉納 (御旅所前)
         ↓
   市街地にある飲食店で昼食

   13:30 高山発
   16:02 名古屋着  


大きな地図で見る
 
 交通アクセス のリンク

 JR東海



   この時期(4月)だからこそ得られる
  飛騨路の良さがあるんです。


 高山と言えば飛騨の地酒が有名で、7つの造り酒屋があります。
江戸時代に創業した造り酒屋は、新鮮な水と良質のお米を使い、
時間をかけて美味しいお酒を造っています。

 地酒の制作は秋頃に始まり、杜氏らがその工程をすべて管理
して醸造していきます。

 そこで、約5か月間を経て製品として完成するので、丁度4月
頃になると地酒が熟成して販売できるのです。

 つまり、4月は飛騨の地酒の出荷高が最も多い月なんです。

 もう勘のいい人はお分かりだと思いますが、春の高山祭の
時期が一番地酒が美味くて販売数も多いのです。

 だからこそ、お祭り前後の観光旅行をお薦めしているのです。



 そこで、

 どんなタイプの人が春の高山祭に来ると幸せになれるのか?

 以下に挙げるタイプの人が該当すると思います。

☑ 現実逃避癖のある女性で、都会にはない非日常を楽しむことが
  目的な人

☑ 温泉やグルメな旅行に飽きて、田舎の癒し系スポットにはまって
  いる人 

☑ 恋人と別れたばかりで、女友達としかまともに話ができない人

☑ 年4回くらい国内旅行する人で、一泊二日で充分満足できる人

☑ 会社の所属部署が変わって、仕事になかなか慣れないでいる人

☑ 婚活をしているが、いい男性との出会いがなく疲れている人

☑ 婚約をしたばかりで、結婚前に2人で愛を確かめたい人

☑ 20代の独身のうちに地方の観光名所を巡って気ままな一人旅が
  したい人

☑ まだ1度も親孝行をしたことがなく、親と一緒に旅行をしたこと
  がない人

☑ テレビでしか見たことがなかったブランド牛や会席料理を旅館
  で食べたい人

 あなたはどれに当てはまりましたか?



  これまで旅館選びに失敗して損をした
  人は必見ですよ。


ところで、どんな旅館・ホテルなら満喫できると思いますか?

普段、旅行に行かない人にとって自分の理想に近い宿泊施設を
見つけるのは至難の技だと思います。

 知らない土地で、どれくらいの旅館・ホテルがあるのかを
明確に知ることはほぼ無理な話です。

これまでは、普通にインターネットやガイドブックで調べて、
自分のニーズに合うところを見つけて予約状況を確認して
決めていたと思います。

 しかし、実際に行ってみるとイメージと違って、ちょっと
がっかりした経験は誰もがあるのではないでしょうか。

 もし、あなたがそのような経験があるのなら、少し視点を
変えてみませんか?

 又、そういう経験はないが、自分に最適な宿泊施設が簡単に
見つかるのなら、その手段を知りたいという人はいませんか?

 ズバリ申し上げると、通常の旅館サイトや自社サイトでは
情報が少なく、旅行客の声があまりありません。

そうすると、
どのサイトが1番お客様の声が掲載されているかと言うと、
あなたも聞いたことがある「じゃらん」や「楽天トラベル
がそれに当たります。



 大手予約サイトだから好きな旅館・ホテル
 が簡単に見つかる。


 今まで、旅館・ホテルを予約するのに何処にしたらいいか?
随分と悩んで決めていたと思います。

 いろいろネットで調べても、本当にここで大丈夫か?と
考えながらも、時間がなくイメージだけで旅館を選んでいたと。

 でも、その宿泊施設が利用者からみて、どんな評価を受けて
いるか知れば、それほど悩まなくてもいいわけです。

 すでに泊まった人の意見を参考にすることで、自分の泊まり
たい宿が簡単に見つかるのです。

 しかも、特典としてポイントが貯まり、ある基準値まで貯まる
と一回分の宿泊代が無料になってしまうのです。

 だから、最近のネット予約をする人の多くは、大手予約サイト
から手軽に好きな旅館・ホテルの予約をしているのです。



 予約サイトの紹介 

 13日ないし、14日に宿泊できる旅館・ホテルなら以下のところで
 見つかりますので検索して探してみて下さい。
 
   るるぶトラベルなら納得の旅館・ホテルが見つかります


 日本旅行なら空きが多いですよ。




 JTBなら本格派の旅館・ホテルが見つかります。




 旅館・ホテルの口コミ情報&お宿を検索したい場合は以下の
 予約サイトでOKです。

   じゃらんなら素敵な旅館・ホテルとプランが魅力です

 




  他の観光地の旅館・ホテルと比べて
  質とサービスが違います。

 現在、高山市内では約150軒の宿泊施設があり、国際観光旅館、
国際観光ホテル、日本旅館、民宿などがあり、お値段からサービス、
プランの内容まで違います。

 飛騨高山温泉のある旅館・ホテルも多くなり、それまで温泉の
イメージがなかった高山ですが、観光客に好評で温泉のあるお宿
が人気になっています。

 最近になり、自家源泉で温泉が出るようなホテルが増えて、
旅の疲れが温泉によってとれるようになった感じです。

どの旅館でもお風呂には拘りがあり、露天風呂のある施設も
あるので食事以外でも楽しみがあるのです。

 又、和室と洋室があるホテルがあって、自分のお好みで選べる
ので気に入ったホテルで満喫することができます。

 お料理では飛騨牛や朴葉みそのイメージが強いですが、地元の
野菜などを織り込んだ人に優しい美味い料理があなたの舌を唸ら
せます。
 上品さと大衆さを兼ね備えた田舎料理があなたを極上のグルメ
の世界へ誘います。

 そして、おもてなしの心で迎えてくれる旅館・ホテルのスタッフ
のみなさんの笑顔がプランにないサービスとなって思い出に残る
ことでしょう。



  飛騨の伝統文化を代表する高山祭は
  いつの時代にも民衆の誇りである。


 もともと、高山では春と秋の例祭は神聖な儀式として存在して
おり、飛騨地区では神社の例祭が多く、屋台のある2つのお祭りは
江戸時代において大変重要な意味を持っていました。

 戦後からは観光を意識した傾向になり、山王祭と八幡祭は高山
以外の人たちに歓迎されるお祭りになってしまいました。

 本来なら地元民が1年の無事と繁栄を祈っての大事なお祭りで
ありました。

 それが、少しづつ風化して人々の意識がズレてくると、お祭りを
継承することが希薄になり、後継者不足になってきて課題になって
いるのです。
 
 それだけ、盛大なお祭りを維持することが難しくなっているのが
現状です。

 人口減少や閉塞感のある社会になり、次第に文化を継承しない風潮
になってくると次世代への橋渡しができないまま時間だけが過ぎて
しまうこともあります。

 そういった現実があるため、高山祭は希少性という意味で価値の
高いお祭りであると言えます。
 
 春の高山祭 詳しい日程はこちらから

 写真で観る春の高山祭 とあるブログから



 最後に、高山を中心とした飛騨地域は山岳エリアで、お祭りが
行われるさんまち界隈はさしずめ山岳の都といった感じです。

 乗鞍岳を仰ぎ見て、宮川のせせらぎに癒される、そんな自然と
一体化した田舎町です。

 城下町として栄えた後に幕府の直轄地になり、明治以降は近代化
の波に乗りながらも独自の文化を守ってきた土地です。

 そんな飛騨高山は心の故郷として昔懐かしい風景を残しながら
多くの観光客に愛されてきました。

 これまで古い町並や高山陣屋、東山寺院など貴重な観光資源に
恵まれ、外国人観光客に支持されるようになったのは古き良きものを
大事にする精神があったからだと思います。

 そういった風土の中で育まれてきた高山祭をこの目で確かめて、
他のお祭りにはない雅の世界と感動を味わって下さい。

 必ずやあなたの心に飛騨高山の伝統文化、いや日本の伝統文化を
知る良い機会になると確信しております。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。