このブログから旅館・ホテルのご予約をされた方が370組います♪
 ★ 下呂温泉の水明館が全国の温泉旅館の1位になりました!
   ダイヤモンド オンライン から

 ◎ 乗り換えなしで格安旅行をするなら地元のバス会社です!  
   濃飛バスのホームページ 高速バス(予約制)と路線バス
 
 ◎ 鉄道でラクして時間を短縮したい人はJRが1番です。
          JR東海(新幹線と特急)
 
 ◎ テレビで飛騨地方の観光エリアが番組に出ました。 

    テレビ朝日 奇跡の地球物語から 飛騨白川郷が特集されました
    いい旅夢気分 奥飛騨&白川郷 (冬の奥飛騨観光の参考になりますよ)
    にっぽん・いい旅 平成26年1月15日放送 (奥飛騨 雪見の秘湯めぐり)
    いい旅夢気分 上高地ー奥飛騨温泉郷 平成25年 
    出没 アド街ック天国 奥飛騨温泉郷
    いい旅夢気分 上高地ー奥飛騨温泉郷 平成24年
    出没 アド街ック天国 下呂温泉

 にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
ポチッと応援よろしくお願いします。

飛騨高山の美味しい観光スポットならこのエリア

飛騨高山は市街地の東側が主な観光エリアになり、宮川を挟むよう
にして東側と西側に分かれています。みなさんがよくテレビで見る
光景があるのが宮川から東側のエリアです。

古い町並から東山寺院、昔懐かしい建物があり観光スポットが目白
押しです。多くの観光客で賑わっており、宮川朝市や安川通り
上三之町などは平日でも多いです。

その他のエリアでも有名な日下部民芸館や吉島家住宅、桜山八幡宮
と押さえておきたいスポットもあるので要チェックです。


大きな地図で見る

宮川から西側のエリアは昭和の時代では繁華街であり、今日では
街並みが少し以前とは変わりましたが、飛騨国分寺や飛騨総社が
あり名所があります。

あと、新しいお店が多く、グルメな観光客には見逃せないエリア
かもしれません。
駅周辺にも飲食店から土産屋がありビジネスホテルが目立ちますが
隠れた名店があります。


大きな地図で見る

そして、国道41号線から西エリアに存在するスポットがあり、自動車
で来られる方にお薦めなミュージアムがあります。

美術館や飛騨の里などじっくり見学できるスポットなので、カップル
に最適です。


大きな地図で見る

飛騨高山までの交通ルートは意外と簡単です

 まだ、こちらに観光旅行に来られていない方に、交通アクセスと
して簡単に説明します。
高速道路を利用すれば比較的お安くなりますのでお薦めです。
ETCがあればさらに料金がお安くなりますよ。

 東京方面から来る場合

 八王子IC中央自動車道岡谷JC長野自動車道松本IC

 -158号線-高山 (計約5時間)

 大阪方面から来る場合

 尼崎IC名神自動車道一ノ宮JC東海北陸自動車道飛騨清見IC

 -中部縦貫自動車道-高山IC

 名古屋方面から来る場合

 一ノ宮西IC東海北陸自動車道飛騨清見IC-中部縦貫自動車道

 -高山IC

 JRを利用される場合は、快適に移動できるし新幹線を利用すれば
早く到着します。料金は高めですが、車窓から見れる眺めは格別
ですよ。特に高山線で飛騨地方に入ってからです。♪

 東京方面から来る場合

 東京駅新幹線(のぞみ)名古屋駅特急ワイドビューひだ

 -高山駅

 大阪方面から来る場合

 新大阪駅新幹線(のぞみ)名古屋駅特急ワイドビューひだ

 -高山駅

 名古屋方面から来る場合

 名古屋駅特急ワイドビューひだ高山駅

 実は1番お安く移動できるのが高速バスなんです。濃飛バスの高速
バスなら往復で予約すればさらに安くなります。

 東京方面から来る場合

 新宿駅西口-諏訪SA-平湯温泉高山駅 

 大阪方面から来る場合

 大阪駅前京都駅高山駅

 名古屋方面から来る場合

 名古屋駅バスターミナル-高山駅

 あと、交通費が気になる方やダイヤが知りたい方は専門サイトで
確認してください。↓

高速道路・鉄道・高速バスルート検索サイト

日本三大名泉の1つである下呂温泉なら寛げます

 岐阜県でも中央部に位置する飛騨地方屈指の温泉場である下呂温泉
は、古くは平安時代から温泉が出ており長年に渡り湯の街として多く
の旅人の憩いの場所でありました。

 昭和初期から観光地としてスタートして以来、全国からお客様が
多く来られ、内湯と露天風呂が特徴的で戦後になり、草津温泉や有馬
温泉と同じくして三大名泉とまで言われるようになりました。

 下呂駅から歩いて行ける距離に数多くの温泉旅館が立ち並び、風情
のある温泉街は本当に癒されます。団体客が多い中、若い男女も最近
は来られるので個人旅行にも最適な温泉だと思います。

 基本的にはJRで来るのが便利ですが、自動車でもOKで駐車場完備の
旅館・ホテルが殆どなので安心です。
送迎してくれる宿泊施設もあるので、高速バスで下呂駅まで来てお宿
に直行もできます。

 そして、数年前からこのエリアでは無料の足湯に入れる施設ができ
女性には好評で、下呂の温泉は昔から美人の湯と言われているので、
女性には人気があります。

 又、2008年から下呂検定という地域を再発見するようなご当地検定
があり、毎年2月に開催されています。合格するとある商品が貰える
ので全国から温泉ファンがやってきます。

 単純アルカリ温泉でお肌がスベスベする源泉温泉でゆっくり寛げる
温泉場なので、仕事のストレス解消から気分転換に最適です。
雪も降りますが、高山ほど積もることがないので冬の旅行客が多い
のが特徴です。


大きな地図で見る

奥飛騨温泉郷なら露天風呂でゆっくり楽しめます

奥飛騨温泉郷は岐阜県の北東部にある温泉エリアで、長野県との県境
にあります。松本ICから自動車で1時間すると到着します。又高山IC
からでも1時間で到着します。

奥飛騨の玄関口である、平湯温泉から北部全体が温泉場になっており
福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉と5つの温泉エリアで
構成されています。

1980年に竜鉄也のヒット曲「奥飛騨慕情」で一躍有名になり、その後
多くの温泉ファンで賑わうようになりました。
全体として広いエリアなので自動車かオートバイで移動するのが普通
です。ただ、路線バスも高山駅隣りから出発していますのでご利用
できます。

ここは、露天風呂が日本でも5本の指に入るくらい多いので、男女
共に入れる混浴露天風呂があって人気があります。特に、新穂高温泉
は広大な自然の中で温泉が堪能できます。

名所で有名なのがクマ牧場や新穂高ロープウェイで、スッポンの養殖
やキャビアを産むサメの養殖をしている所もあり温泉を有効利用して
いるところがあります。


大きな地図で見る

飛騨高山は飛騨地域を代表する山岳の都です

飛騨高山を中心とした飛騨地方は岐阜県の北部に位置する山岳集落
で、92%は森林地帯であり多くの山脈に囲まれ、高山や古川を流れる
宮川が1番代表される河川です。

東側には乗鞍岳、西側には白山、南東には御嶽山があり最近の登山
ブームで多くの人たちがやってきます。かつては農業と木工産業が
盛んで、静かな街でしたが71年の国鉄のキャンペーンで一躍観光地
として有名になりました。

現在は東海北陸自動車道により、高山市へのアクセスが容易になり
大阪方面や名古屋方面からのお客様が増えています。
そして、安房トンネルも開通してから、東京方面からのお客様も
増え、平湯温泉はその中間にあり賑わいをみせています。

観光エリアは宮川を中心とした場所で、旧城下町であるさんまちが
メインになります。古い町並はその一画にありますし、朝市もあり
ます。少し、東側の山側に東山寺院があり、遊歩道があって散策しや
すく整備されています。

国道41号線からでも移動できますし、158号線で平湯方面から移動
できます。市街地には市営駐車場がたくさんあるので便利で、土日は
満車になる時もあります。

そして、高山は橋が特徴的で中橋、鍛冶橋、弥生橋と宮川にかかる
橋がより観光のムードを盛り上げてくれています。又、観光エリアで
1部ポイ捨て禁止区域があり、ゴミが道路などに落ちていないキレイ
な街並みになっています。

 地図の右側の宮川から東側一帯が観光のメインエリアです。


大きな地図で見る


飛騨高山の観光エリアは江戸~明治の文化で最高!

 貴女はこれまで観光地と言われる土地に行き、観光名所に行って
その土地の風土や文化などを知り、昔懐かしい面影を観て感慨深い
想いをされたと思います。

全国には数十ヵ所の観光地があり、江戸時代からの遺産などがあって
古い町並や建造物が観光スポットとして宣伝されています。

 飛騨高山もその例にもれず、全国から多くの観光客が来られ、年間
380万人ものお客様で賑わっています。こちらの歴史は奈良時代から
記録が残っており、それ以前は逸話としてありますが、遺跡として
僅かながら残っているものもあります。

 1番注目すべき所は江戸時代に建立された寺院で、京都のような
街づくりを当時の為政者が行ったことで、東山寺院と言われるエリア
になり7つの寺院が存在します。

 1部、火事により改築された寺院もありますが、そのエリアは京都を
彷彿とさせる侘び寂びがあり、外国人も多く評価をしている場所です。

 又、江戸時代に天領となった時期から代官所として飛騨地域を管轄
していた高山陣屋は全国ではここだけしかなく、明治以降は裁判所や
県事務所として取り壊さないでいたことで、現在の観光スポットの
シンボルとなっています。

 そして、明治時代に建立された豪商の住宅があり、国の重要文化財
にもなっている日下部民芸館吉島家住宅が有名です。通常の家の
造りではなく、江戸末期の建築様式を名大工によって完成させた芸術
作品のような家になっています。

 この場所は旦那衆と言われた名家で商売で大成功した豪商の住宅と
いうことで、日本でも大変貴重な建物であります。当時の建築様式は
匠の技をそのままに、梁を基調とした精巧な家造りで安定感のある
住宅になっています。

 あと、これはみなさんご存じの上三之町にある古い町並ですが、
普段から観光客でいっぱいになっている旧商人街であります。今から
170年前に建てられた商家の佇まいが現存すること自体が奇跡で、当時
のまま残っているのはこの地域に住む人たちの想いが強かったせいで、
戦後に新しい家を造らないで守ってきたお陰であります。

 現在はこのエリアには多くのお店があり、カフェや飲食店、土産屋
などがあり、造り酒屋では試飲もできます。まさに、食べ歩きができて
、散策するには1番のエリアだと思います。
 
 そして、高山西エリアまで足を運ぶと、江戸時代の農家の家が集結
している飛騨の里があります。これは、白川郷の合掌造り集落にも
似た感じの家々が立ち並び、当時の生活様式をそのままに見せてくれる
場所です。

 ここではライトアップがあるので冬の季節には非常に幻想的な光景に
なり、さんまちとは違う歴史の息吹を感じさせてくれます。

 他にも、神社仏閣や旧家の建物があり、歴史や文化を感じるスポット
もあるのでこのブログで調べてチェックしてみて下さい。

飛騨路への観光旅行のご計画にお役立て下さい

 この度は当ブログに訪問していただきありがとうございます。

このブログは、岐阜県飛騨地方を代表する観光地である飛騨高山や
奥飛騨温泉郷、下呂温泉などをメインにガイドブックとは違った目線
で観光情報と旅館・ホテルの情報を提供しています。

 これまで、飛騨エリアに観光旅行に来られた方もそうでない方も
十分に飛騨路の旅を満喫できるような情報をお届けしていきますので、
いろんなページがありますのでたくさん見ていって下さい。

 私は、地元の人間ということもあり、身近に感じているのでよく
分かるのですが、周りは標高の高い山々に囲まれ、川も観光エリアの
中心を流れています。

本当に自然の中にいるような田舎地帯で、都会と比べると非日常的な
空間が多くあり、風情のある古い町並が郷愁を誘います。

 まさに、昔懐かしい故郷に帰ってきたようなゆっくりとした時間が
流れている街が飛騨高山だと思います。小京都として40年前から観光
地として売り出し、ブランド化した街ではありますが、落ち着いた景観
や明治時代に建築された建物が多く残り、神社・仏閣も多くあるので
歴史と文化を感じる土地であります。

 そして、最近になり好評なのが飛騨高山温泉であり、地元の特産品
でもあるグルメ食材が人気で、飛騨牛や朴葉みそは多くの方に愛されて
います。

おそらく、20代~30代前半の方がこのブログを見ていると思われるの
で、当方でもその世代を意識して食べる・遊ぶ・泊まるをテーマにして
情報をお届けしていきます。

 あと、最近の傾向として20代の女性がこちらに旅行されることが増え
たようで、カップルや女友達、一人旅といったスタイルで来られている
ので、そういった目線も取り入れながら旅行に役立つ情報を提供してい
きます。

 なお、飛騨高山以外にも白川郷や飛騨古川、奥飛騨温泉郷や下呂温泉
も観光地として有名なので、その魅力を伝えていきたいと思います。

つまり、飛騨地域をまるごと案内してマスコミとは違った角度から有意
義な情報をリアルにお伝えできるよう精進していきますのでよろしく
お願いします。

 最後に、このブログの特徴として挙げますと、口コミなどのお客様の
声を大事にして、みなさんが旅行に行く前に良い情報が入り、飛騨路の
旅行が楽しくなるようにしていきます。

そして、宿泊予約をされる上でも有名予約サイトからのプランをご紹介
しており、簡単に予約ができますので便利です。

 では、ごゆっくりコンテンツを見て飛騨路への旅行計画の参考にして
もらい、旅のおもしろさを感じてもらえたら幸いです。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)