カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「◆ 飛騨高山の観光スポット 」カテゴリ記事一覧

このブログから旅館・ホテルのご予約をされた方が370組います♪
 ★ 下呂温泉の水明館が全国の温泉旅館の1位になりました!
   ダイヤモンド オンライン から

 ◎ 乗り換えなしで格安旅行をするなら地元のバス会社です!  
   濃飛バスのホームページ 高速バス(予約制)と路線バス
 
 ◎ 鉄道でラクして時間を短縮したい人はJRが1番です。
          JR東海(新幹線と特急)
 
 ◎ テレビで飛騨地方の観光エリアが番組に出ました。 

    テレビ朝日 奇跡の地球物語から 飛騨白川郷が特集されました
    いい旅夢気分 奥飛騨&白川郷 (冬の奥飛騨観光の参考になりますよ)
    にっぽん・いい旅 平成26年1月15日放送 (奥飛騨 雪見の秘湯めぐり)
    いい旅夢気分 上高地ー奥飛騨温泉郷 平成25年 
    出没 アド街ック天国 奥飛騨温泉郷
    いい旅夢気分 上高地ー奥飛騨温泉郷 平成24年
    出没 アド街ック天国 下呂温泉

 にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
ポチッと応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業45年飛騨高山の観光人力車サービスならごくらく舎

 久しぶりの更新です。^^

 以前から紹介したかったのですが、こちらのブログの特徴からしても早く出して

 よかったネタです。


 中日新聞で今日の朝刊に掲載されていたので、このタイミングがベストかなと

 思い紹介するのは、観光エリアを中心に活動している人力車のサービスが

 あるのです。


 その名も「ごくらく舎(や)」と言いまして、さんまち界隈を15~30分くらいかけて

 スポットの紹介付きで人力車で案内してくれます。

 やっぱり、ここは有名なんでご存知の方もいると思いますが、メンバーは多い

 ので夏はすごく繁盛しています。^^


 で、その新聞が↓です。

gokurakuya.jpg

 小京都なら何処にでもある人力車なんで、ここは本当にきっぷのいい車夫が

 いるのでおもしろいし価値はありますよ。

 1度、こちらのサービスを体験して思い出作りにどうですか?


 飛騨高山を人力車で見学するなら (Webサイトがありました)

 
 予約して行かれるほうが間違いないので、夏休み期間来られる方は上記サイト

 で確認してみて下さい。



  

スポンサーサイト

飛騨高山の定番旅行で1番気になる場所を紹介♪

 今年の夏は本当に暑く、盆休みに入った10日あたりから猛暑で、こちらも34度

 まで気温が上昇しています。

 これだけ暑いと、室内のお店につい入って、甘~いスイーツが食べたいわけですよ。

 丁度、1番人気の古い町並ではカフェとか喫茶店が多く、夏期間はけっこうな人で

 賑わっています。^^

 そんな、古い町並を最近ですが観光客の方でブログにアップされているので、

 今後の観光旅行の参考にチェックしてみて下さい。

 高山市内観光の1番人気である古い町並とお店


 そして、今度は動画で古い町並を中心に見てもらいましょう。

 リアルに観光名所を歩いているような感じで見応え十分ですよ。

 

 みなさんもテレビとかで1部の古い町並を知っているだけで、実際は長いのでけっこう

 時間もかかります。^^

 1時間ちょっとあれば充分満喫できるので、何処か気に入ったカフェなんかに入ると

 2時間くらいはかかるかな。

 あと、さんまち全体として観光されると良いので、上二之町や下二之町なんかも行くと

 いいですよ。♪

 
 そして、去年に半年間ですが高山を舞台にしたアニメがあって、それの聖地巡礼が人気

 で、早速去年の秋から旅行客が増えています。

 「氷菓」というアニメなんですが、これが20代~30代の人で見てくれて、シーンで出て

 きた場所を巡るわけです。^^

 その聖地巡礼の旅を動画にされている方がいて、ほぼ完璧な仕上がりなのでこちらにて

 公開します。^^

 

 こんな旅行の仕方があるなんて知りませんでしたよ。 


 アニメを見た人だけの特権?かもしれませんが、本当にある場所なんでリアリティーが

 あって楽しいと思います。^^

 しかし、我が母校が出るとは。。。実は高校生が主人公なんで、それで某高校が出ると

 いう感じなんです。(笑)

 
 今回は、ビジュアルが多くて目で楽しんでもらえたかと思いますので、今後の観光旅行の

 イメージがしやすかったと。^^

 実際、来てみると古い町並はいろんなお店があり、お土産からグルメなお店まで本当に

 飽きないですよ。

 秋になると気温も下がって観光日和でのんびり散策できると楽しいので、他の観光施設も

 これからご紹介しますので旅行計画の参考にして下さい。

 
 次回は、旅行プランをみなさんにご提案しますよ~♪ 乞うご期待!

高山の市街地にある由緒正しい神社・仏閣ならココ

 飛騨高山の中心で、奈良時代に建立された名刹として有名
なのが「飛騨国分寺」です。

 本堂は何度も建て替えられ、今から500年前に建てられた
ものが現在の本堂です。そして、隣りにある三重の塔は
江戸時代初期に建立されたもので、その後天領時代に改築
され今日に至っています。

 近くには銀杏の木があり、樹齢1200年?とも言われ逸話
もあって一見の価値ありです。

sanjyunotou.jpg

 ここは、隣りに現在の本堂があって節分の日にはお祭が
あります。無病息災、商売繁盛などを祈願して、最後に
豆まきをやります。

 中央の本堂には薬師如来像が三重の塔には大日如来像が
あります。

 次に紹介するのは、観光名所ではないかもしれませんが
こちらでは由緒ある神社です。「飛騨総社」は飛騨の十九
の神社を統括したということで総社と言っています。

 すごい話ですが、平安時代からの創建で、天領時代に
田中大秀の提案で再建された神社です。

sousya.jpg

 特に金運、恋愛運とかは聞かないので、神聖な気分で
お祈りするといいですね。人間関係に悩んでいる人に
いいかも。

 市街地にこういった神社・仏閣があるのは今日では
意外に思われるのですが、昔は庶民の中では身近な聖地
であったと。

 わざわざ田舎の山郷に行って祈願しなくてもいいです
からね。

 他にも神社は多いので飛騨地方は神の国?ではないです
が、スピリチュアル系の人には注目の場所かもしれません。

 山が多いですから。♪

 ・・・。

歴史と神秘を兼ね備えたパワースポットな神社

 飛騨高山に来て最も神社仏閣に詣でる所はどこかと言えば、
さんまちから北へ向かい、北山に近い場所に「桜山八幡宮」
という神社があります。

 ここは古代の歴史にも関係している八幡神社で、年に1度
開催される秋の高山祭の御神体になっている神社です。

 観光客が多いので1番注目されるスポットだと思いますが
、近くに獅子会館や屋台会館もあるのでセットで見学して
欲しいです。

DSCF0010.jpg

 結婚式が行われるので、神聖な空気もあって本殿はなか
なかのものです。祈祷などで申し込まれると入れますよ。

 ちなみに御神体は応仁天皇です。

 そして、もう1つの神社で注目なのが、春の高山祭で
御神体となる神様を祀ってある「日枝神社」です。

 ここは平安時代からあるようで、以前はもっと田舎の
ほうにありましたが、現在の場所は金森家が城を作って
から守護神として置いたと言われています。

 荘厳な景観と神聖な空気感があり、非常にパワースポット
的な雰囲気をもっている場所です。

 観光向きではないですが、春の高山祭はここから始まる
ので、この管轄に住んでいる人は大事にしています。

 社務所もいい感じで、ちょっとのんびりするにもいい
ですよ。スピリチュアル系が好きな人にお薦めです。♪

DSCF0011.jpg

 


鍾乳洞と氷の渓谷がロマンチックに輝いてます

 高山市の市街地から158号線で平湯方面へと自動車で20分
くらいすると知る人ぞ知るスポットがあります。
まさに、飛騨地域ならではのデートスポットです。

 そこは「飛騨大鍾乳洞」と言って、みなさんも1度は洞窟
のような場所に行き、夏に涼しくて快適だった記憶はありま
せんか?

 実は、冬も営業しており、この時期に通常では行われない
氷の渓谷があって神秘的なんですよ。
しかも、2月の9~11日の間だけライトアップするそうです。

             飛騨大鍾乳洞

 そして、5年前にこちらの大橋コレクション館内にあった
金塊が盗まれ、大騒ぎになったのですが、無事?戻って
きました。

 そのあたりは上記サイトにてご確認ください。

 で、鍾乳洞は冬場は意外と暖かいようで、イメージとは
違うようですね。おそらく、外が寒すぎるからでしょうね。

 とにかく、マイカーで来る人が多いので慎重に運転して
ください。

 入場料は大人1000円です。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。